あなたの隣人、実はスパイかもしれません

スパイって何をする人のこと?

スパイは誰でもなれるものなのか

自ら志願して諜報員活動を望む者や、国や機関に突然命令され「君の任務はスパイだ」といわれることが最も多いとされ、公務員は国や省庁からの辞令で担当することになります。 外交官も駐在する国と安全に国交を続けられるか調査したり、省庁でも公にしている部署もあります。 向き不向きは判断基準があるようです。

モニタリング、覆面調査員

サービス業や、接客向上、社員のスキルを向上させるため、抜き打ちの外部からの「チェック」をするモニターという仕事が存在します。 主に日中行わる仕事ですが、ほとんどが専門知識を少し理解しただけの素人がお客に紛れてモニタリングしに来ます。 秘密を守れる人なら誰でも人でもなれる可能性があります。

スパイの業務内容とスパイに向いている人とは

古代中国の文書からすでに「諜報」の意で存在していたと書されています。 いつの時代も、敵対する相手に密偵を送り、相手の作戦や重要機密の情報を何らかの形で収集してくる役目の人間がいました。 現代では世界を揺るがした第二次世界大戦や、日朝間でも相手国に忍び込み、スパイ行為を行っていたことが分かっています。

スパイと言えば情報を盗むイメージ

広範囲の意味では、スパイとは「敵対する組織の情報を得るため、収集活動をするもの」とされています。
日本ではライバル企業に忍び込んだり、人を使って聞き出す産業スパイや、企業内でも部署ごとの他部署の情報を収集する人物がいたりすることで有名です。
最近は個人情報保護法や、コンプライアンス問題で知り得た情報で自らが有利になる、または利益目的につながる行為は禁じられていますが、情報を盗む、情報を流す行為は後を絶ちません。
また、個人レベルでも知りたい情報がある場合、依頼があればターゲットのプライベートにまで踏み込み、知られないように調査するものスパイ行為の一つです。
公的機関でもよく読めば「スパイ」を募集していることがあり、インターネット上でその募集が炎上したことがありました。
「非正規雇用」「週2、3日勤務」としたうえで業務内容は「テロ国家の調査」でした。
内容から察するに、まずアラビア語が必須であり、非正規雇用の上、身元がしっかりしていなければ務まらないでしょう。(採用者自身が逆スパイの可能性もある)
また、調査を得意とする民間の会社に探偵会社や、企業はシンクタンクがあります。
シンクタンクは「総合研究所」として、企業・業界分析、世界情勢に関わる経済分析やノウハウを熟知しています。
そのためにエージェント(依頼者)が望む分析結果出ない場合、シンクタンク職員が様々な手で情報収集に対応することもあるようです。
探偵会社はもう少し私たちの生活に身近な依頼をこなすことになります。
依頼されて身辺調査、浮気調査、人探し、目の前に起きたことが事実かどうかを調査することになります。
様々な状況変化の中で、アドリブに対応できる機転があるか、結果が残せるまで粘れるか、24時間かかってくる依頼につながる相談電話に「利益」につながる「カウンセリング」ができるか、が探偵やスパイに向いている人材だと言えるようです。